第四回 オンライン情報共有会(SCのデジタルツイン) 実施報告レポート 2021.3.9

NEWS

今回は、「SCのデジタルツイン構築」と題しまして、2021年3月9日(火)に開催し、約50名の参加者へ向けてイーストの描く新しいスキーム作りとSCのカタチをセミナー形式でお話しさせていただきました。

オフラインとオンラインの双方から、顧客情報や売上、行動履歴など
あらゆるデータを取得し分析。
データを活用して、ユーザー属性を新たに作り、属性に適した情報を最適なチャネルで届ける。
オフライン、オンライン垣根のないモデルを作ることでデジタルツインを構築します。

【開催概要】

SCのデジタルツイン構築 − EASTが描く 新しい街づくり と SCのカタチ −

開催日時:2021年3月9日(火) 11:00~12:00

【プログラム】

プログラム1: SC経営士が海外事例から見るデジタルツインの流れ

プログラム2: DXの動向と加速できないOMO

プログラム3: デジタル化に向けたスタートアップ

テクノロジー活用の視点から、大きなデジタルツインの波を念頭に、言葉が独り歩きするOMOやDXに対して「今やるべきこと」「やれること」を見出すスタートアップ事例をご説明をさせていただきました。

これからSC様が施設を運営されていくにあたり、少しでもお役に立てるよりいっそう充実したサービスをご提供できるよう励んでまいりたいと存じます

セミナー当日の資料請求やお問合せは、以下よりお願いいたします。

記事に関する問い合わせ先

株式会社イースト

メール
info@sc-netwaork.jp
担当者
安藤