注目のスポーツイベント「親子が集まる縄跳びパフォーマンス&教室」

集客イベント

ファミリー層をメイン集客とする商業施設(SC)は多く、特に郊外型や地方施設は、車での来場を基本としており、休日のお出かけスポットとして確立しているSCが大半を占めます。

そういった施策の中で、特に重要なのがイベントです。

特に「モノ需要」から「コト需要」と言われ、これまで以上にSCで実施されるイベントに注目が集まっています。

今回ご紹介するのは、ファミリー層の興味喚起に最適なスポーツイベント「縄跳びパフォーマンス&縄跳び教室」のご紹介です。

小学生の頃、体育の授業で「縄跳び」を習いませんでしたか?

小学校体育では縄跳びを授業に取り入れている学校が非常に多いです。
これは何十年も続いています。

なわとびは、小学校になると実施が開始されるため、まずは「前とび」だけでも跳べる様に・・・と指導を希望される事も多く、特に 小学低学年~未就学児童の親世代からの注目が高いスポーツです。

「縄跳びパフォーマンス&縄跳び教室」は、プロのなわとびプレーヤーを招いて、パフォーマンスとしてのイベントはもちろん、その後子供を対象に教室を実施するイベントです。


パフォーマーは、NHK Eテレ『はりきり体育ノ介』に講師・監修として出演の他、 テレビ東京系列で放送されているアニメ・キッズバラエティ番組 「しまじろうのわお!」で、未就学児童向けのなわとびの基礎を教える先生として出演。
2014年に、世界チャンピオンとなり、注目されるプロなわとびプレーヤー「生山ヒジキ」さん。

プロなわとびプレーヤー「生山ヒジキ」さん

2018年には24時間耐久縄跳びのギネス世界記録にチャレンジし、151,409回の世界新記録を樹立し、2020年現在日本のスポーツ選手最多のギネス世界記録10個の更新者となる。
SCの子供への「体験の場」として提供をおすすめ出来ます。

※導入事例多数あり、詳細はお問合せください↓
※イベント実施ご検討の方は以下までお問い合わせください。

記事に関する問い合わせ先

株式会社イースト SCネットワーク事務局

メール
info@sc-network.jp
担当者
有吉